靴修理は修理だけではなく履き心地を向上

人の足の形というのは人それぞれで、同じサイズでもメーカーや商品の違いによって幅が狭く感じたり窮屈に感じる方も多いです。最近は靴をお店で履いてみて購入するのではなく、インターネットなど利用して購入される方も多く、サイズが合わない靴を無理やり履いているという人も少なくありません。

靴修理ではただ靴を修理するということ以外、靴のフィッティングを向上させるということもできます。幅がきついと感じる靴を無理して履いていると足の為にもよくありませんし、歩き方にも影響し、膝、股関節、腰等が痛くなることもあります。足指が当たっている部分を幅だしという技術によって広げ、狭さをなくし履きやすくしてくれます。この場合、ゆっくりと広げることが必要となるので時間がある程度かかりますが、それによってお気に入りでも履きにくかった靴が格段に履きやすい靴に替わっていきます。

またパンプスの場合、前部分に体重がかかるような状態になるので、前部分が痛いと感じることがありますが、靴修理を利用すれば履き心地をよくするということもできるのです。靴の中に特殊なパットを入れることで、パットが動くこともなく痛みもなくしっかりと歩けるようになります。パットを乗せるという方法も洗濯できますし、隠すこともできます。現在利用している中敷きと交換することもできるので、履き心地がどうもよくないと感じている方も靴修理を利用して気持ちよく歩ける靴にすることができるのです。

靴修理というと壊れた靴の補修と考える方が多いのですが、靴の事に関して様々な事を相談できるので、利用されると靴の印象が大きく変わります。

【参考HP】靴専科