靴修理は修理だけではなく履き心地を向上

人の足の形というのは人それぞれで、同じサイズでもメーカーや商品の違いによって幅が狭く感じたり窮屈に感じる方も多いです。最近は靴をお店で履いてみて購入するのではなく、インターネットなど利用して購入される方も多く、サイズが合わない靴を無理やり履いているという人も少なくありません。

靴修理ではただ靴を修理するということ以外、靴のフィッティングを向上させるということもできます。幅がきついと感じる靴を無理して履いていると足の為にもよくありませんし、歩き方にも影響し、膝、股関節、腰等が痛くなることもあります。足指が当たっている部分を幅だしという技術によって広げ、狭さをなくし履きやすくしてくれます。この場合、ゆっくりと広げることが必要となるので時間がある程度かかりますが、それによってお気に入りでも履きにくかった靴が格段に履きやすい靴に替わっていきます。

またパンプスの場合、前部分に体重がかかるような状態になるので、前部分が痛いと感じることがありますが、靴修理を利用すれば履き心地をよくするということもできるのです。靴の中に特殊なパットを入れることで、パットが動くこともなく痛みもなくしっかりと歩けるようになります。パットを乗せるという方法も洗濯できますし、隠すこともできます。現在利用している中敷きと交換することもできるので、履き心地がどうもよくないと感じている方も靴修理を利用して気持ちよく歩ける靴にすることができるのです。

靴修理というと壊れた靴の補修と考える方が多いのですが、靴の事に関して様々な事を相談できるので、利用されると靴の印象が大きく変わります。

【参考HP】靴専科

滑りにくく危険のない靴修理をしよう

社会人になった御祝などで高級な靴を初めて買ってもらったという人もいるかと思いますし、自分のご褒美としてブランド物の高い靴を買った方もいるでしょう。またお気に入りの靴なのにくたびれてきてそろそろ捨てた方がいいのかなと悩んでいる方もいると思います。靴は人の体重がかかった状態で利用しますし、歩く癖というのは人それぞれによって違いがあるので、どんなに高級な靴でも傷みます。

例えばすごく履きやすくてお気に入りの靴なのに気が付いたら前底部分に穴が・・・という場合でも、すり減っている場合でも、前底部分を保護したり、補強することもできますし、取りかえるということもできます。交換することによってより耐久性を伸ばすことができ、しかも滑りにくい素材などを選ぶこともできるので安心です

女性、男性共に多い靴の悩みとして、かかと部分、土台部分のすり減りがあります。すり減ったかかとは非常に醜いですし、靴はその人の品位を表すともいわれますので、早めに修理したいものです。パンプスのかかと、ゴム部分は新しく交換できますしお値段もそれほどかかりません

女性のヒールはそのままゴムがすり減った状態で放置すると金属部分が露出し音が出ますし、滑るようになり危険です。紳士靴についても、ヒール部分の修理をせずに放置すると土台そのものを傷めることになるので、クッション性のあるゴム部材などに交換するなど、利用される方の生活状況に合わせた交換ができます。中には非常に長持ちする素材もあるので営業で歩くことが多い方などはこうした素材に変えたり、疲れにくい素材を選択するなど、靴の履きやすさを追求することも可能です。

靴修理で靴を大切に履きたい

普段履いている靴は消耗品・・・と考えている人が多い現代です。靴も多種多様な物が販売されているので、靴修理をしたという経験がない方も多いかと思います。しかし靴は修理して利用できることが多く、実際にはまだまだ寿命といえない靴が捨てられてしまうこともあり、靴修理の事をもっとよく知ってほしいと思います。

フランスなどでは洋服なども本当に良い品を長く着こなすことが美しい生き方とされているところがあり、洋服の数は日本の方よりも圧倒的に少ないといいます。北欧では雪に覆われて冬外出されることが少なくなることから家具に凝るご家庭が多く、歴代継承されてきた家具を修理しながら大切に利用されています。

日本もこうした文化が元々あり、おばあちゃんが若い頃にきていた着物を娘に、その娘から孫へ・・・と着る物についても継承されてきましたし、以前は靴についても靴修理のお店に出すなどして、大切に長く履いたものです。傷や汚れが気になるくらいならそのまま履いてしまうという人も多いのですが、靴というのはその人を表すともいわれているので、出来れば美しく磨かれている状態で履きたいものですし、物を大切にするもったいない文化をもう一度考えてほしいと思います。

靴修理は汚れや傷の修復のほか、履き口がボロボロになった場合も対応できます。またパンプスなどはかかと部分がすり減ってみっともない状態になった場合に交換できます。男性の革靴もローファーなどに関しても、かかとや靴底のすり減りを交換などによってきれいにできますので、愛着のある靴がしっかり蘇るのです。革靴以外修理はできない?と思っている方も多いですが、どのような靴でも靴修理のお店はほぼ対応してくれるので相談してみるといいでしょう。